チキンジャーキーの作り方

こんにちは『燻製&石窯職人のAKIRA』です!

コンビニやスーパーのおつまみコーナーで大きな存在感のあるジャーキーたち。

価格の割に量が少ない印象が強くないですか?

だけどジャーキー類はおつまみに最高ですよね!

今回はこのジャーキーを思う存分食べたいと思い、鶏のささみでチキンジャーキーを作りました!

しかもソミュール液などに漬け込む時間を短縮する方法で作りましたのでご紹介します。

目次

チキンジャーキーを作る工程

燻製早見表

塩漬けの期間・・・2時間~3時間

塩抜きの時間・・・不要

冷乾の時間・・・冷蔵庫で2時間~3時間(塩漬けと同じ工程)

熱乾の時間・・・80度前後で1時間~2時間

燻製の時間・・・80度前後で1時間

使用する器具

熱源・・・ガスコンロや電気コンロ(クッキングヒーター)

燻製器(スモーカー)

使用する燻製材

さくらのチップ(香りも色付も良いさくらチップにしました)

材料

・鶏のささみ・・・200g
・塩・・・適量
・黒胡椒・・・適量
・ローリエ・・・2枚

作り方

1.鶏のささみをパックから取り出してキッチンペーパーで水気をふき取ります。
2.塩と黒胡椒をそれぞれミルで挽きながら鶏のささみにふりかけます。
※塩気が足りないと出来上がりが物足りなくなります。
3.ローリエを縦に切り分けて(1枚を2つに切る)塩と黒胡椒をふりかけた鶏のささ身の上に乗せます。
4.ラップなどはせずそのまま冷蔵庫へ入れて2時間~3時間ほど冷乾します。できるだけ冷気のあたりやすい場所に置き、乾燥させてください。
5.冷乾が終わったら今度は熱乾です。鶏のささみをスモーカーに入れ、熱を加えていきます。
電気コンロを使用する場合は、強めの中火で80度くらいの温度を保ち、1時間~2時間ほど熱乾燥させます。
6.熱乾燥が済んだらいよいよ燻製をします。スモーカーにさくらのチップを投入し、一旦強火にしてチップから煙が出始めるのを待ちます。
煙が激しく出始めたら、弱めの中火に戻し燻します。燻製の時間は1時間ほどで温度は80どくらいで管理します。

7.燻製が終了したら、ラップなどはせずに再度冷蔵庫で1日~2日ほど乾燥させます。冬場でしたら干物ネットなどに入れて風通しの良い場所で風乾させるのもOKです。(雨などには注意してください)

これで完成です!
おつまみに最高のチキンジャーキーです。

Advertisements
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

日々の暮らしを楽しくするために、好きなことをトコトン追求し続ける『燻製&石窯職人のAKIRA』です。
このブログでは、燻製をおいしく作る簡単レシピや石窯を使ったピザやパン焼きなど日常生活を楽しく過ごすための情報、そして観光スポットやパワースポットの紹介など、楽しい情報もお伝えしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる